ウインディーヒルズ・ファーム:バイオダイナミック農法の実践

ウインディーヒルズ・ファーム日記

北海道伊達市にある、ルドルフ・シュタイナーの提唱したバイオダイナミック農法を実践する農場、ウィンディーヒルズ・ファームの日々の暮らしをつづっています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
ひっつき虫の季節
また今年もやってきました。
馬の体にひっつき虫(草の種)がつく季節です。

根本的には、放牧地のひっつき虫の草をなくさないと
取っても取っても、馬たちの鬣を中心に体じゅうにひっつきます。
夏にたくさんついていた、ダニよりはマシですが、
あんまりひっつくと蒸れるし、かわいそう。
畑が忙しくて、ひっつき虫をとってあげたり、
放牧地の草刈りに手が回らないのです。

それでも見かけると、取ってあげてはいるのですが。
WHF画像 051

ごめんね。
もうちょっと待ってて。
WHF画像 048 - コピー

mari
スポンサーサイト
| うま | 19:31 | コメント:0
久しぶりの・・
敷地内の草刈りをして、草を集め、馬にあげる。
そして、久しぶりに・・
you20110802.jpg
乗馬しました。私たちだけのときに、友に乗れたのは初めてです。
でも、日頃、放牧場の草を食べ尽くしている友は、
たくさんの草を目の前にして、運動どころではなく、
とにかく草が食べたくて食べたくて、
何度も何度も小休憩して草を食べながら、ちょこっと歩く、
という運動になりました。

you20110802-2.jpg
でも、この暑い日に、乗せてくれてありがとう、友。

mari
| うま | 19:47 | コメント:0
最近の馬たち
最近、ファームの馬をご覧になっている方は、
お気づきかもしれませんが、
つい先週、馬たちのタテガミをカットしました。
今回は、道産子を飼っている方にカットしていただいたので、
とてもカッコ良く、仕上がりました。さすがです。
WHF画像 047

草に夢中でなかなか撮れませんが、この親子も
WHF画像 048

並んで見ると、とくに美しく感じられます。
WHF画像 049

この美しい鬣を保つよう、手入れをしていきたい、そして、
もっと馬たちと関わっていけるように頑張ろうと思います。

mari
| うま | 21:48 | コメント:0
今日のおやつ
雨の多い日が続いていますが、今日は晴れました。
雨のせいか、だいぶ雑草が伸びてきたので、草刈りをしました。
刈払機の音を聞いてやってきた馬たちは、
草刈りが終わるまで、ずうっと待っていました。
刈りたての草は、とりわけ、おいしいのでしょう。
草をあげると、満足そうな風子と風葉。

後ろに写っているのは、プラムの樹。
いまが満開です。
WHF画像 014

mari
| うま | 20:47 | コメント:0
馬ロール2
今日は、馬の餌のロールを求めて、車で20分くらい離れた
黄金町というところにある牧場へ行きました。(黄金豚で有名です。)
知人から紹介していただいた牧場で、1年前のものですが、
1番草の乾燥ロールを格安でわけていただきました。
和牛が放牧して飼われていて、素敵な牧場でした。

そして、さっとトラクターに乗り、乾燥ロールを
軽トラに乗せてくださいました。
CA3G0119.jpg
いつも手で押したりして大変な思いをしながらロールを
乗せているまーくんも、今日は見ていました。
画期的なトラクターがあるものですね。

CA3G0130.jpg
そうして乾燥ロールをつんだ軽トラで、伊達の街を通り抜けて、
敷地内に戻ってきて、駐車場に。
そのまま馬たちのところに行くと、馬たちが興奮してしまうので、
まず、私が馬をロールを入れる場所とは反対の方へ移動させます。
馬小屋の方に戻らないように、大根や人参をあげてなだめます。

その間にまーくんたち乾燥ロール班はロールを馬小屋まで運び入れるのです。
地面に雪が多くて軽トラが上手く進まなかったりすると大変なのですが、
なんとか、ロールを入れ終わると、まーくんから連絡があり、
馬たちが小屋に戻ると、いいにおいの乾燥ロールが待っている。
WHF画像 016

雪の多い時期は、けっこう大変な作業だけれど、馬たちが
おいしそうに食べているのをみると、疲れも吹っ飛びます。
ほんとうにおいしそうな干草だこと!

mari




| うま | 18:59 | コメント:0
馬ロール
冬も厳しくなってきました。
皆さんは風邪などひいてはいませんか?

私は、少し風邪気味です。

けれど馬たちはお腹を空かせ待っています。
冬の餌として、メインになるのがこれです。

umaroll.jpg
干草をロール状にしたものです。(ありきたりですが、私たちは、馬ロールと呼んでいます)
umaroll2.jpg
近くの牧場の方に購入 保存をしていただき、必要なときに取りに行きます。
ひとつ300キロほどあるそうです。
人間2人で軽トラの上に乗せ馬小屋へと運びます。

大変な作業ですが馬たちのため、10日に1回は、運び入れています。

これからますます寒さ厳しくなりますが、馬たちのため頑張ります!!!

皆様も風邪などにはお気をつけを・・・

                                by masami
| うま | 19:13 | コメント:2
カットサロン
お馬たちの、ひっつき虫(草の種)対策や、
時間をかけてブラッシングしてあげたい、
という事などいろいろあって、カットサロンを開店。
WHF画像 006
「このはさみで切らせていただきます」と挨拶します。

WHF画像 009
おとなしくブラッシングとヘアカットをさせていただいたあとには
ご褒美の人参もありました。

これでひっつき虫とは、おさらばよ!
そしてりりしくなった母娘。
WHF画像 019
(あ、短髪になってもまだひっつき虫が!
そして、「頭が寒いよう!」と言ってるかも。。)

by mari
| うま | 20:12 | コメント:2
アフロ?
最近のうまたち。
気づくと、前髪や鬣などにから草の種がくっついて、すごいことに!
丁寧に、せめて顔についたのだけでも、と取り除いても、翌日にはまた元通りに。
どうにか簡単にとれないものかしらん?

WHF画像 017
by mari
| うま | 20:09 | コメント:0
2年ぶり&初体験
いつも、放牧地での~んびり、暮らしている馬たちですが、
WHF画像 001

伊達騎馬武者保存会の方々のおかげで、今日、久しぶり&初めての乗馬となりました。
WHF画像 023
2年ぶりに、鞍をつける、友、そして風子。

WHF画像 030
ブランクを感じさせない、すばらしい友の働きぶり。

WHF画像 032
ここにきて半年間、ずっと願っていた、「友に乗せてもらうこと」が実現、そして

まーくんも!!!
100515_1520~04(携帯写真なのでボヤけていて残念!)

WHF画像 035
風子もがんばる!

WHF画像 040
初めて人を乗せる風葉!

いらしてくださったお二人に感謝の気持ちでいっぱいです。
そして、騎馬武者保存会に連れて行ってくださった丸子さん、そのほか
ここの馬たちに関わってきてくださった多くの人々に感謝しつつ
私たちでできることを、これから少しずつ頑張って、楽しく、馬たちと
過ごしていきたいと思います。

mari


| うま | 20:42 | コメント:4
また寒波。
寒い日々が続いています。関東育ちの私は-10℃なんて経験が初めてで、
風邪をひいてダウンしていましたが、やっと復活しました。

あまりの寒さに、馬の水桶の水はすぐに凍ってしまい、
夜9時頃に氷を割っておいたのに、夜中の3時にはもう凍って、
凍ってるよーって、私を呼びます。

最近は、『友』がひとり(一頭)で夜中に水を飲みにきます。

149_4978.jpg
水を飲む姿が、かわいらしいです。
(ま、夜中だとぜんぜん見えないし、吹雪いてると見てもいられないけれど)

149_4976.jpg

以前はよく夜中にひとりで水飲みにきていた風子。

149_4965.jpg

娘の風葉と一緒に水を飲む姿もまた可愛い。

149_4963.jpg


早く、もう少し過ごしやすい気候になりますように。
そして、人間も、動物たちも、この冬を無事にのりきれますように!

by mari
| うま | 19:22 | コメント:4
| ホーム | 次ページ










プロフィール

windy

  • Author:windy
  • ウインディーヒルズ・ファームは北海道伊達市にあるルドルフ・シュタイナーの提唱するバイオダイナミック農法を実践しています。野菜作りと動物の世話をしています。

最近の記事
カテゴリー
本紹介

土壌の神秘―ガイアを癒す人びと
土壌の神秘
ガイアを癒す人びと

序論より引用
『不健康な土壌からとれた食物を食べている限り、魂は自らを肉体という牢獄から解放するためのスタミナを欠いたままだろう。』(ルドルフ・シュタイナー

バイオダイナミックの原点
農業講座―農業を豊かにするための精神科学的な基礎
農業講座

月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。