ウインディーヒルズ・ファーム:バイオダイナミック農法の実践

ウインディーヒルズ・ファーム日記

北海道伊達市にある、ルドルフ・シュタイナーの提唱したバイオダイナミック農法を実践する農場、ウィンディーヒルズ・ファームの日々の暮らしをつづっています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
祝☆初卵!!
朝晩は涼しいというより寒くなり、だんだんと秋めいてきました。

4月に入れたひよこが、ついに卵を産みました!
まだ1個だけど、うれしいです^^
どんどん産んでくださいな♪
DSC02956.jpg

スポンサーサイト
| にわとり | 20:38 | コメント:0
ひよこ育成記録
だんだん寒くなってきました。防寒対策として、ひよこのゲージをビニールのトンネルで覆いました。よほど温度が下がるときは、暖房も入れようと思っています。なんとかがんばってこの冬を乗り切ってほしいものです。
DSC02487.jpg
| にわとり | 20:43 | コメント:0
ひよこの成長
9月末に入ったひよこたちは、順調に大きくなっています。
3~4日くらいしたら羽が生えてきて、1週間~10日ほどしたらひとまわり近く大きくなっています。
もちろん、個体差はあるので、大きい子と小さい子はいます。
私たちは、ひよこを飼うのがはじめてなので、成長の早さに感心しています。
いま、夜の寝床は、電気をつけて毛布をかけてあたたかくしているけれど、これからどんどん寒くなるので、どれだけ耐えてくれるか心配です。
もう、最初の飼育箱では手狭なようなので、ぺーさんが新しい飼育箱をもうひとつ作ってくれました。そこに少し大きいひよこを集めて入れました。

↓が入って1週間たったくらいの写真。
DSC02423.jpg


↓が1ヶ月後の写真
DSC02484.jpg
| にわとり | 21:27 | コメント:2
ひよこがきた!
ファームに新たな仲間、ひよこたちがきました!
こんな小さいひよこが、いま卵を産んでくれている鶏になるのかと思うと、
不思議なかんじもします。(黄色がオスだそう)
これからどんどん寒くなりますし、ひよこには過酷な環境かもしれません。
1羽でも多くのひよこが無事鶏に成長してくれることを願います。
DSC02414.jpg
ひよこのために、ぺーさんがひよこ用の飼育箱をつくってくれました。
ひよこはすぐに大きくなるので、2週間~1ヶ月ほどしか使用しないらしいのですが、
ぺーさんの力作です。いつもありがとう。
ひよこがきたと思ったら、夜には激しい雷雨。飼育箱はあたたかくしたはずだから、
がんばって初日の夜を過ごしてね!
DSC02417.jpg
| にわとり | 20:56 | コメント:0
大雨で
先日の大雨で被害を受けた作物が多数ありました。
写真は、パプリカ。たくさん実をつけてくれたのに、色が着く前に枝がぼっきり(写真はちょっとわかりづらいですが・・)。↓
ちゃんと誘引できてなかったのも原因なので、反省・・。
DSC02371.jpg
なすも同じく。枝は折れていなかったけど、横倒し。これも支柱の立て方のせいもあります。支柱1本だけだったからなー。
DSC02373.jpg
がんばって育ってくれた野菜たちだけど、こんなこともある。ほんとに最後までわからないのが農業です。
ちなみに、病気にやられたきゅうりですが、やはり病気の蔓延を防ぐことができず、ほとんど抜くことに・・。
短い命でした・・。でも、がんばってたくさんの実をつけてくれたきゅうりにありがとうと言いたいです。
(たくさんとれたきゅうりは塩漬けにしてみました。うまくできるかな?)
| にわとり | 21:09 | コメント:0
花ズッキーニ
ファームでは、きゅうりとズッキーニが収穫の盛りを迎えています。
きゅうりもズッキー二もいろいろな料理に使える野菜ではありますが、
ちょっと変わったズッキーニをご紹介したいと思います。

写真は、花のついたズッキーニで、花ズッキーニと言われています。
DSC02160.jpg
ズッキー二をまだ花のついた若いうちに収穫して、花のなかにお肉やチーズなどをつめて、
揚げたり焼いたりして食べます。
花は取れやすかったり、花を洗うのが少し手間かもしれませんが、見た目も華やかで変わっているので、
ちょっと豪華な料理に見えたりします。(写真はイマイチですが><)
DSC02173.jpg
若いズッキーニは柔らかくて美味しいし、花も食感がよくて美味しいです!
ぜひ、お試しください!

| にわとり | 21:24 | コメント:0
にわとり作戦
ブログに書こうと思って、すっかり忘れていたネタですが、
先月、ぺーさんがにわとりを入れる小さなゲージを作ってくれ、
ハウス内の雑草をにわとりに食べてもらおうというアイデアを実行しました。
さて、にわとりは働いてくれるかな?私たちの期待をよそに、慣れない環境に戸惑っているのか、
イマイチ働きの悪いにわとりたち。思ったより、うまくはいきませんでした・・。
DSC01772.jpg
| にわとり | 21:02 | コメント:0
捕獲!
AM 4:00。外でかすかな「ギャー」という声を聞いた。
鶏舎に侵入者が来て、鶏が騒ぐのとは、違った声だ。
懐中電灯を手に、見回りに行くと、鶏舎のそばで動くものが!
鶏舎に侵入しようとする動物に仕掛けた罠を足からひきずりながら、
逃げようとしているところだった。
これは、今が勝負のとき!と思い、じりじりと詰め寄って、、
すると歯をむきだして、威嚇してきたので、
これは、私一人で戦うのは難しいと思い、まーくんを呼びに。

途中、脱走しそうになるのを、なんとか人間2人で格闘しながら檻に閉じ込めて、
軽トラで数十キロ先の山へ帰ってもらいました。

昨年暮れから、鶏小屋に侵入しては、鶏をやられ、
いろいろ試しても捕まえることができなかったので、
本当に、やーーーっっっと捕まえた!というところ。

夜、走る姿を見たとき、イタチかと思っていたけれど、『テン』でした。
こんな可愛い顔して、うちのニワトリ数十羽の命を奪った犯人です。

WHF画像 004 - コピー

騒ぎがおさまったあと、彼が逃げ込もうとしたビニールハウスは
酷い状態になっていました。彼の歯や爪は想像以上に鋭く、数分で
こんなに穴を開けられてしまいました。
WHF画像 010

まーくんも腕を噛み付かれて、傷だらけ。
それでも、捕まえられて、本当に良かった。
もう二度と来ないでおくれ。

mari  masami
| にわとり | 10:23 | コメント:0
はじめての
昨年春にきたひよこたち。
もうこんなに大きくなりました。
WHF画像 001

やっっっと、はじめての卵を産みだしました。
巣箱にも慣れてきたようです。
WHF画像 006
成長具合によって、卵を産む子、まだ産まない子、がいますが、
卵の数は、日に日に増えています。

産卵数が安定しましたら、販売を再開予定です。
よろしくお願いします。

メスは、卵を産みだし、オスは、コケコッコーと鳴く練習をしていて、
へんな鳴き方の子もいたり、メスを誘う踊りを踊ったりと、
鶏舎の中の様子は、見ていて飽きません。
外は寒くってもへっちゃらな若鶏たちです。

mari
| にわとり | 17:33 | コメント:0
襲撃
最近は、雪が降ったり止んだりで、ビニールハウス鶏舎にも
うっすらと雪が積もりました。
WHF画像 008

ビニールハウスなので、お天気が良い日は、
日中、光が差し込みます。
冬の間は、寒くて放牧しても外に出ないのですが、
太陽の光を感じられることは、鶏の健康に良いように思います。

WHF画像 009
でも、この鶏舎は少し老朽化しており、
中に張り巡らしてある網には小さなすき間や穴などが
あいてきています。
その、ちいさな穴を探して、こじ開けて、
鶏の命を狙いにやってくるのが、いたちです。

最近は、ほぼ毎日のように夜にやってきては、鶏を・・。
そしてこちらは侵入を防ごうと、すき間に鉄板を埋めたり、
天然成分の忌避剤や木酢液を撒いたり・・。

捕獲器につける餌を変えてみましたが、
まだ捕まらず。
いたちとの戦いは続いています。

注:いたちと戦っているのは、相方で、
 私はここ数日、風邪で寝込んどりました。
 こんなに寝込んだのは久しぶりというくらい、
 風邪と戦っとりました。
 皆さま、どうか風邪にお気をつけください。

mari


| にわとり | 13:39 | コメント:0
| ホーム | 次ページ










プロフィール

windy

  • Author:windy
  • ウインディーヒルズ・ファームは北海道伊達市にあるルドルフ・シュタイナーの提唱するバイオダイナミック農法を実践しています。野菜作りと動物の世話をしています。

最近の記事
カテゴリー
本紹介

土壌の神秘―ガイアを癒す人びと
土壌の神秘
ガイアを癒す人びと

序論より引用
『不健康な土壌からとれた食物を食べている限り、魂は自らを肉体という牢獄から解放するためのスタミナを欠いたままだろう。』(ルドルフ・シュタイナー

バイオダイナミックの原点
農業講座―農業を豊かにするための精神科学的な基礎
農業講座

月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。