ウインディーヒルズ・ファーム:バイオダイナミック農法の実践

ウインディーヒルズ・ファーム日記

北海道伊達市にある、ルドルフ・シュタイナーの提唱したバイオダイナミック農法を実践する農場、ウィンディーヒルズ・ファームの日々の暮らしをつづっています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
羊蹄山と友
朝、起きて、窓の外を見ると、

149_4914羊蹄山 朝日

ピンク色に染まった羊蹄山が見えました。
きれいだなぁ。こんな風景が窓から見えるって素敵だなぁ。
と思いながら、ふと気づくと

149_4920羊蹄山と友

友が来ていました。

149_4917.jpg

あ、水が凍っているのね、今割るから、ちょっと待ってて。

149_4918水待ち友

おとなしく、水桶を見守る友でした。

by mari



スポンサーサイト
| うま | 20:34 | コメント:2
クリスマスイブ
今日は、クリスマスイブですね。

サンタが来るのは子供だけだと思っていました。

そんな今日の夜、 ハッハハハーー という声を聞きました。
いきなりの大声で驚いたので、びっくりして外に出てみるとバスケットに入った プレゼントがありました。


クリスマス
いろいろなものが入っていました ありがとー サンタさん
あと、近頃のサンタさんは、電車で移動するらしいですよ

昔は、トナカイだったのにー 今トナカイさんは、どうしているんでしょうねー
時代は日々進化してますなーとふと思う今日でした。

by masami
| その他 | 21:26 | コメント:0
若者とお年寄り
いつもたくさん卵を産んでくれている働き盛りの鶏たち(=スタメンと呼んでます。)が
冬になってからほとんど産まなくなってきてしまっている中、
普段はそんなに卵を産まない鶏たち(=補欠メンバー)がいるのですが、
その補欠メンバーたちが、今、頑張って卵を産んでくれています。

人間でいうと、お年寄りと、若者たち。

148_4886_convert_20091223195753.jpg

上の写真は、年は3歳くらいの長老とそのご婦人たち、といったところかな。
ぽつぽつ、ぽつぽつと、少しだけど、絶えることなく、卵を産んでくれます。

そして、生まれて半年くらいの若者たちも、まだまだ数は少ないけれど、
最近は毎日、卵を産んでくれます。

いつもは、スタメンばかりに目をやりがちだけれど、こういうときに、
補欠メンバーたちの底力というものを感じているこの頃です。
いろんなメンバーが、それぞれに頑張っている。
人間もおんなじなんだろうなぁ。

by mari





| にわとり | 20:24 | コメント:0
冬の大仕事
ここのところ、雪が激しく降り 伊達もすっかり冬景色になりました。

冬景色

冬になり、仕事の大半を占めるものがコレです

トラクター

トラクターです。
このトラクターで、除雪します。
前からでは、よくわからないかもしれません。
トラクター2
後ろはこうなっています。

凄いですよー このマシンは優秀で、
雪を掻きだすと 雪の虹のように飛んでいきます。

よく雪が詰まり 飛ばなくなるのが問題だけど
このマシンがないと、大変なんだろうなーっと思います。

これから真冬になり、活躍が多くなるので可愛がっています。
この内部には、オーディオが付いているので、ウキウキで仕事しています。

この感情は、去年の自分にはない感情です。
理由はわかりませんが 去年農業機械の展示会に行き
トラクターには、オーディオやテレビが標準装備なのを見て
そのときは「無駄だなー 仕事にならないんじゃないのー」と思ってました。

今は、トラクターは慣れると、遅めの速度で単純な作業が多いので
「気晴らしがあるのはいいことだ」
去年とは違う感情に驚いた今日一日でした。


by masami



| はたけ | 20:48 | コメント:0
番犬です。
一昨日の朝の出来事。
雪の積もった階段を下りるときに、足を滑らせて3、4段を踏み外し、
手に持っていたりんごの入ったダンボールからは全てのりんごが転げ落ち、
足とお尻を強打し、あまりの痛みと惨めさに涙がこぼれ・・そうになり、
気づくと3頭の馬が心配そうにこちらを眺めていました。

でも、そんな事には全く気づかずに、
りんごを持ってやっとの思いで立ち上がった私に、
「りんごくれ~りんごくれ~」とばかりに吠える彼。

100_1039繧ウ繝ュ_convert_20091221190700

そう、彼がファームの番犬です。
コロという名前です。
よく吠えます。
散歩に連れて行くとジャンプしたりします。
どうぞよろしく。

by mari


| にわとり | 19:36 | コメント:2
馬糞堆肥つくり
先月から、やっている馬糞堆肥作り。
まず、馬たちの馬糞をスコップやらホウキで集めてはまとめ、
みんなで作った堆肥置き場に集めて、

148_4843_convert_20091218181812.jpg

沢山集めながら、スコップなどで潰して

148_4850_convert_20091218182303.jpg

藁などとまぜながら水分を足しつつかきまぜながら、
板で囲まれたところに積み上げて、密閉して


100_0989_convert_20091218182652.jpg

その後に降った雪で一度中に雪が入ってしまったり、しながらも、
頑丈に密閉してからは、どうにか発酵しているようです。

100_1025_convert_20091218182954.jpg

今日見てみたら、中がふかふかで、においも感じられないとのこと。
初めての馬糞堆肥作りですが、もしかして来年度からどんどん使えそうな予感!?
よい堆肥になりますように!!!

by mari

| はたけ | 18:44 | コメント:2
悩み・・・・
悩みがある  それはこれだ!
にわとり


鶏である。


高校で畜産を学んだし 基礎的な知識や養鶏の仕事もしていたし少しは自信があったつもり・・・
だけど・・・卵が減っているのだ・・・原因はいろいろあると思うし、対策もいろいろ計画、実行している。

鶏の気持ちが知りたい!
むしろもう鶏になりたい!

コココココッッーーコケコッコー(因みにコケコッコーと鳴くのは雄だけです)

少しふざけてみましたが

鶏たちに卵をもっと産んで欲しい!と切に願う今日この頃です。


by masami


| にわとり | 21:01 | コメント:0
真夜中に、、、
午前2時。
風の音ではない何かの物音で目を覚まし、
ドアを開けてみると、、、
そこに馬の風子の姿が!

091125_0630~01

そうか、水桶の水が凍っていて飲めなかったのね!
水が欲しくて真夜中の寒いところをここまでやってきたのね。
ごめんね、風子。

洗面器にたっぷりの水を持って行ったら、
ごくごくごくごく、音を立てて2杯も飲んで、
寝床に帰って行きました。

その後ぜんぜん寝付けなかったけれど、
風子が満足そうに帰ってくれたから、良かったです。

by mari


| うま | 18:03 | コメント:0
友とトーク
ここにきて1カ月と少し経ちました。
馬の友(ゆう)と過ごすひとときは、至福のときです。
100_1032繧・≧縺ィ繝医・繧ッ_convert_20091215192830

それにしても、
100_1018繧・≧縺ョ縺後s縺ー繧垣convert_20091215193451

すごく、がんばって食べてるのね。

by mari
| うま | 19:38 | コメント:1
ひよこたち
ひよこがきて、1週間がたちました。
とても可愛くて見ていてあきません。
hiyoko.jpg
でも、あと半年位すると、おっきい鶏になって卵を産むようになるんだろうなぁ。。。

by masami
| にわとり | 20:12 | コメント:0
| ホーム |










プロフィール

windy

  • Author:windy
  • ウインディーヒルズ・ファームは北海道伊達市にあるルドルフ・シュタイナーの提唱するバイオダイナミック農法を実践しています。野菜作りと動物の世話をしています。

最近の記事
カテゴリー
本紹介

土壌の神秘―ガイアを癒す人びと
土壌の神秘
ガイアを癒す人びと

序論より引用
『不健康な土壌からとれた食物を食べている限り、魂は自らを肉体という牢獄から解放するためのスタミナを欠いたままだろう。』(ルドルフ・シュタイナー

バイオダイナミックの原点
農業講座―農業を豊かにするための精神科学的な基礎
農業講座

月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。