ウインディーヒルズ・ファーム:バイオダイナミック農法の実践

ウインディーヒルズ・ファーム日記

北海道伊達市にある、ルドルフ・シュタイナーの提唱したバイオダイナミック農法を実践する農場、ウィンディーヒルズ・ファームの日々の暮らしをつづっています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
いろいろきた
テレビで、札幌は初雪かぁ、こっちは雨だから雪は降らないな、
と思っていたら、こっちにもきました。
雨風が激しいなと思っていたら、ついに雪に変わって、
しばらく降り続いて。
やっと止んで晴れ間が見えたと思ってたら、雲行きが怪しく
そのあと雹が降ってきて、
それからこんどは霰だの、雨だの、風とともにやってきて。
なんだか忙しい空模様の一日でした。

そんな悪天候の中、寒さに倒れるひよこの対応や
豆の選別などをして過ごしました。

これが雹↓
WHF画像 001

ついにやってきちゃいましたね。雪。
どうしましょ

mari
スポンサーサイト
| その他 | 19:49 | コメント:0
あの子も大きくなりました。
6月末にこのブログでかいた、足を怪我してたけどやたらと
食欲があるひよこ。あの子がこんなに大きく成長しました。
kanoko10.jpg

すごい生命力の持ち主だったんだな、と思う。
ほかの子と比べると、だいぶ生長は遅いです。ほら。
WHF画像 041

でも、ゆっくり大きくなって、長く卵を産み続けてくれる方がありがたいのです。
普通にいったらこの冬くらいに産卵を始めるのだけれど、この子は来春くらいかな。
それまで、これからやってくる厳しい寒さの冬を乗り切っておくれよ!

by mari
| にわとり | 06:39 | コメント:0
か・じ・か
大きくなってきたひよこ用にカゴをつくっています。
先日、またねずみにやられてしまったので、
ネズミ返しをした上でカゴで飼うのが万全、と思ったのですが、
今のカゴは、少々小さいので、大きめひよこ用カゴを作り中。

バタリー

で、そのあと、配達やら、歯医者やらに出かけて、
帰ってきて、じゃが芋畑に行って、芋掘りをし、
日が傾いてきたので、ファームに戻る途中、
知人で卵のお客さんから、「かじか持ってきたから~」と。

以前に「しか肉」をいただいたことがあったので、
てっきり「鹿」のお肉かと思っていたら、

「しかじゃないよ、かじか~!」とまーくんの声。
WHF画像 002
こんなお魚でした!
関東育ちの私には初めて目にするお魚。なんという見事な姿でしょう・・・
下ごしらえをしてもらい、近日、「かじか鍋」でいただく予定です。

by mari
| その他 | 18:54 | コメント:0
季節はずれの・・・
すっかり秋めいて、山では紅葉がみられるというのに、
ハウスの中では、あの、夏らしい野菜が全盛期のようで・・

WHF画像 001

そう、ゴーヤです。
ちょっととってきただけで、20本ちかくありました。
どーしましょー

mari
| はたけ | 17:50 | コメント:0
家族候補生
最近、ファームに新しい仲間がやってきました。
今のところ、家族の候補生です。
nya-.jpg
名前は、ニャー。
やっと私達にもなついてきました。

nya-1.jpg

ヒヨコや作物を狙ってやってくるネズ公たちを退治できるくらいに
そしてニワトリと喧嘩せず、賢く、元気にいてくれたなら、
家族になってくれないか、ニャー?

by mari
| にわとり | 20:57 | コメント:0
| ホーム |










プロフィール

windy

  • Author:windy
  • ウインディーヒルズ・ファームは北海道伊達市にあるルドルフ・シュタイナーの提唱するバイオダイナミック農法を実践しています。野菜作りと動物の世話をしています。

最近の記事
カテゴリー
本紹介

土壌の神秘―ガイアを癒す人びと
土壌の神秘
ガイアを癒す人びと

序論より引用
『不健康な土壌からとれた食物を食べている限り、魂は自らを肉体という牢獄から解放するためのスタミナを欠いたままだろう。』(ルドルフ・シュタイナー

バイオダイナミックの原点
農業講座―農業を豊かにするための精神科学的な基礎
農業講座

月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。