ウインディーヒルズ・ファーム:バイオダイナミック農法の実践

ウインディーヒルズ・ファーム日記

北海道伊達市にある、ルドルフ・シュタイナーの提唱したバイオダイナミック農法を実践する農場、ウィンディーヒルズ・ファームの日々の暮らしをつづっています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
冬を楽しむ
もう年末だというのに、あんまり雪が積もらないなぁ、と
思っていた矢先、急にずんずん積もりました。
なんだか、ベンチの上の雪はカマボコみたい↓
yuki.jpg
今年の冬は、毎朝、雪かきをして、寒さに慣れよう、と
そして、冬を楽しむ。ということで。
雪かきした雪を集めて、まるめて・・・。
↓大きいのと小さいの。
yukidaruma0102.jpg

↓ホップでできた鼻。
yukidaruma03.jpg

↓この顔つるつるの子は、ミロくん作。
yukidaruma05.jpg

なぁんて、遊んでばかりなわけじゃあないですよ。
仕事の合間の、楽しみのひとつで。
寒くてつらい冬も、楽しみを見出すようにしよう、とな。

カマクラもできたら、お正月はカマクラの中でお祝いなんぞ、
楽しそうですなァ。

mari


スポンサーサイト
| その他 | 17:34 | コメント:0
豆。まめ。マメ。
しばらくぶりのブログです。
なんだか雪が降ったり、雨が降ったりの中、お豆の仕事をよくしていました。
手作業で根っこごと畑から抜いてきたお豆を、
脱穀機にかけて、『とうみ』でさやと豆とに分けて。(↓これが『とうみ』)
WHF画像 026

ハンドル部分をぐるぐる、ぐるぐる勢い良く回して、、、。
WHF画像 019

鞘から出なかった豆を鞘から出して、そのあとひたすら選別。
WHF画像 mameko

そして。また選別。
WHF画像 012

まだ選別するお豆はいっぱいあるけれど、とりいそぎ、
少しだけ袋詰めしました。
WHF画像 mame

お正月のおせちに黒豆、そしてお汁粉用に小豆はいかがですか?
お豆のご注文、受け付けてます。大豆もあります。)

宣伝するからには食べてみなくっちゃ、と思い、
今日は早速、今年の黒豆を煮てみました。
WHF画像 016

けっこう美味しいですよ

しかーし!
この黒豆を煮る作業中に、私は大失敗をしてしまいました。
黒豆の入った重たいお鍋を不用意に電磁調理器の上に・・・!
まーくんの大事な電磁調理器を破壊してしまいました
(まーくんはクリスマスイヴの悲劇と言っております。)

小さな不注意は事故のもとだと、反省しています。
もっともっと、気をつけなくては。

mari




| はたけ | 17:27 | コメント:2
| ホーム |










プロフィール

windy

  • Author:windy
  • ウインディーヒルズ・ファームは北海道伊達市にあるルドルフ・シュタイナーの提唱するバイオダイナミック農法を実践しています。野菜作りと動物の世話をしています。

最近の記事
カテゴリー
本紹介

土壌の神秘―ガイアを癒す人びと
土壌の神秘
ガイアを癒す人びと

序論より引用
『不健康な土壌からとれた食物を食べている限り、魂は自らを肉体という牢獄から解放するためのスタミナを欠いたままだろう。』(ルドルフ・シュタイナー

バイオダイナミックの原点
農業講座―農業を豊かにするための精神科学的な基礎
農業講座

月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。