ウインディーヒルズ・ファーム:バイオダイナミック農法の実践

ウインディーヒルズ・ファーム日記

北海道伊達市にある、ルドルフ・シュタイナーの提唱したバイオダイナミック農法を実践する農場、ウィンディーヒルズ・ファームの日々の暮らしをつづっています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
トラクターさん
夏の間は草刈りを、冬になると除雪にと活躍する、
大事なトラクターがあります。
でも、この冬は、何故だかご機嫌ななめ。
調子が悪く、何度か修理の人に見てもらい、やっと直った、
と、思いきや、動かなくなってしまいました。
torakuta1.jpg
雪に埋まった軽トラを助け出そうとした丘の上で、
急に動かなくなったので、そこからしばらく動けていません。

修理の人を頼んでいますが、お忙しいようで、来られるのに
数日かかるようです。
どうにか、なんとかならないものかと、
バッテリー強化液を買ってきて、「パワーを出して!」と
入れてみました。
WHF画像 009
が、ぜんぜん、エンジンがかからず。

そこで、もう一台ある、夏場に畑を起こすときに使う
トラクターを雪の中から掘り出して
そのトラクターのバッテリーのパワーをいただこうと、
除雪機のある丘まで上がろうとしたのです。
torakuta2.jpg
が、こんどは、こちらのトラクターも、
突然止まってしまいました。

torakuta3.jpg
このトラクターも、バッテリー強化液を投入したり、
いろいろ試したのですが、ぜんぜん動かず。

結局、動かなくなって、道の途中で止まってしまった
トラクターが、2台。

修理の方を待ちながら
雪がひどくならないことを祈りながら
できるところは手作業で除雪をしながら
雪降る空を仰いでいます。

by masami mari


[トラクターさん]の続きを読む
スポンサーサイト
| その他 | 13:43 | コメント:1
わが家のハンターちゃん
昨年の秋頃から、高病原性鳥インフルエンザの対策で
注意喚起文書が保健所から送られてきたり、
検査員の方がいらしたりしています。
北海道内では、野鳥(カモ、オオハクチョウ)から
確認されているそうです。

もちろん、鳥インフルエンザが発生しないように
しなくてはならないのですが、
鶏をできるだけ自然に飼う自然養鶏の考え方と、
お役所の考え方は必ずしも全て一致するわけではなく
難しい部分が多くあると思います。


WHF画像 023
でも、人間でもそうだけれど、インフルエンザに
かからないような、免疫力の強い体になるようにすることが
いちばん大事なのだと思います。

そうして、できるだけ有害な野生動物などが
侵入しないようにすること。

・・と、いうわけで、話は長くなりましたが、
ファームにたくさん発生している有害動物、ねずみくんの
対策として、わが家のハンター、猫のニャーが
最近大活躍してくれています。

大満足で、ぐっすり眠ってしまうくらい。
nya-0115.jpg

春にやってくる予定のヒヨコたちの外敵でもあり、
そしてビニールハウスで野菜の苗を育てるときにも
本当にやっかいな、ねずみくんたちを
どうか、今のうちに追い払っておくれよ!
WHF画像 003

おい、聞いているのかい、ニャー?

mari
| にわとり | 17:03 | コメント:0
たね
昨年の秋に、とっても大きくよく生った、かぼちゃさん。
WHF画像 026

完熟させてから、タネを採って、よく洗って
WHF画像 020

よく乾かして。
発芽試験を行いました。
たねの中から、ある日ひょっこり、
白いものがでてきました。
WHF画像 026
それにしても、タネのひとつひとつに、
生命力が詰まっていると思うと
スゴイことだなぁと思います。

この他にもいろんなタネを採取し、発芽試験をしています。
タネをとるというのは、ものによって、
また環境によってもすごく難しいものもあり、
昨年は、まず種採りをしやすいもので挑戦しましたが、
今年はもう少し種類をふやして挑戦したいです。

mari
| はたけ | 19:45 | コメント:0
温床づくり
この冬は、ビニールハウスの中で、踏み込み温床つくりをしています。
昨年の秋のうちに、たくさんの材料集めをしました。
敷地内の、落ち葉をたくさん集め、馬糞を馬小屋から運び出し、
麦わらや豆殻なども集めてとっておき、作った木枠の中に、
それらと、米ぬかと水を層になるように何回も入れ
onsyou.jpg

たくさん、たくさん足で踏み込んで、重ねていきます。
onsyou2.jpg

中に入れる水は、バイオダイナミックの調剤を入れて
ダイナミゼーションをした水を使いました。
onsyou5.jpg

うまくいけば、3月頃にはぽかぽか発酵して、
育苗のための温床になるはず。

どんなかんじになるのか、楽しみです。
ビニールハウスの中は、ほこりだらけで、鼻の中は真っ黒!

mari
| はたけ | 20:14 | コメント:0
大寒
このごろは、夕方の4時ちかくになると、だんだん夕焼けになり、
そのあと、あっというまに日が暮れてしまいます。

日が暮れる前に急いで鶏たちに夕方の餌をあげて、ふと空を見ると
今日は夕焼けがとてもきれい。
20100120yuuhi.jpg

久しぶりに、羊蹄山がくっきりと、うすピンク色に染まりました。
20100120youtei.jpg

天候によっては、ぜんぜん見えないときもある、羊蹄山は
ときどき、こんな風に美しい姿を拝むことができるからこそ、
すてきだなぁ、と見とれてしまうのでしょうか。

by mari
| その他 | 19:55 | コメント:2
馬ロール
冬も厳しくなってきました。
皆さんは風邪などひいてはいませんか?

私は、少し風邪気味です。

けれど馬たちはお腹を空かせ待っています。
冬の餌として、メインになるのがこれです。

umaroll.jpg
干草をロール状にしたものです。(ありきたりですが、私たちは、馬ロールと呼んでいます)
umaroll2.jpg
近くの牧場の方に購入 保存をしていただき、必要なときに取りに行きます。
ひとつ300キロほどあるそうです。
人間2人で軽トラの上に乗せ馬小屋へと運びます。

大変な作業ですが馬たちのため、10日に1回は、運び入れています。

これからますます寒さ厳しくなりますが、馬たちのため頑張ります!!!

皆様も風邪などにはお気をつけを・・・

                                by masami
| うま | 19:13 | コメント:2
七草粥
あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

さてさて。今日は1月7日です。
今年一年の無病息災を願って七草粥を食べましょう。

といっても、
ファームには、セリ、なずな、ゴギョウ、ハコベラ・・・などの
いわゆる一般的な七草はありません。
なので、ハウスの中のビニールトンネルの中で、霜が降りてしまって
凍りかけてしまった、まだまだ小さい葉物野菜などをいただくことに。
nanakusa.jpg
小松菜、タアツァイ、春菊、ほうれん草、みつば(?)、
そしてミニ大根と小カブです。(葉っぱはないけど)

nanakusa2.jpg
ぐつぐつ土鍋で煮込んで、、

nanakusa3.jpg
「いただきま~す。」

それにしても、今日は猛吹雪で、
朝は玄関のドアがなかなか開かないくらい雪が積もっており
雪かき、雪かき、雪かき、、、の一日でした。
私は雪かきで腕が筋肉痛になり、寒さで足の指が霜焼けになりました。
今ファームの助っ人できているミロくんと、まーくんが
除雪機で敷地内の除雪も頑張っていました。
気力、体力のいる仕事だけれど、今年も元気で過ごせますように!

mari

| その他 | 17:05 | コメント:0
| ホーム |










プロフィール

windy

  • Author:windy
  • ウインディーヒルズ・ファームは北海道伊達市にあるルドルフ・シュタイナーの提唱するバイオダイナミック農法を実践しています。野菜作りと動物の世話をしています。

最近の記事
カテゴリー
本紹介

土壌の神秘―ガイアを癒す人びと
土壌の神秘
ガイアを癒す人びと

序論より引用
『不健康な土壌からとれた食物を食べている限り、魂は自らを肉体という牢獄から解放するためのスタミナを欠いたままだろう。』(ルドルフ・シュタイナー

バイオダイナミックの原点
農業講座―農業を豊かにするための精神科学的な基礎
農業講座

月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。