ウインディーヒルズ・ファーム:バイオダイナミック農法の実践

ウインディーヒルズ・ファーム日記

北海道伊達市にある、ルドルフ・シュタイナーの提唱したバイオダイナミック農法を実践する農場、ウィンディーヒルズ・ファームの日々の暮らしをつづっています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
たんぽぽ日和
バイオダイナミック農業では、調剤とよばれるものを畑に散布しますが、
その調剤の中のひとつに、たんぽぽを使った調剤があります。
バイオダイナミックの種まきカレンダーの「花の日」の早朝に、
たんぽぽを摘み、充分に乾燥させておき、秋の調剤作りのときに使用します。
(調剤は、私たちはここでは作っていないので、日本バイオダイナミック協会
北海道グループの調剤作りのときに持っていく予定です。)

そして今日は、その花の日だったので、たんぽぽ摘みをしました。
鶏の世話、ひよこの世話、苗の世話、そして馬の餌、などなど
やることが多くて、たんぽぽ摘みに専念できなかったのですが、
午前中のうちにこれだけ採れました。

WHF画像 002
敷地内には、まだあんまり咲いてなかったので、
また今度採ることにして、咲いていそうなところへ。
車で探したら、たくさん咲いている公園を発見。
たんぽぽの黄色って、春を感じますねぇ!

mari
スポンサーサイト
| はたけ | 21:09 | コメント:0
荷物を受け取りに・・・
今日は朝から、千歳に行きました。
注文していた、とある荷物を受け取りに。
受領書にサインをして、受け取った、この箱。
なんだかわかりますか?
WHF画像 007

ふたをあけると、、ほら!
WHF画像 005
ひよこたちです。
生まれて1日の、まだまだ、とても弱いひよこなので、
暖房をつけた車で2時間の距離を、ゆっくり
ピヨピヨ鳴き声につつまれながら運びました。

温度、湿度の管理をしっかりすること、野生動物の進入を防ぐこと、
そして丈夫な体に育てること。
そのために、昨年よりも改良し工夫を加えて、
温かなひよこのおうちを作っています。
それでも心配なので、しばらくは昼も夜も、
何度も見回りをすることになりそう。

まずは次の見回りまで、元気でいてくれることを願いながら、
ひと寝入りです。おやすみなさい。。。

mari
| にわとり | 20:24 | コメント:2
オスの片鱗
最近、私もまーくんも寝不足です。
それは、ほぼ毎日のように、夜中に鶏小屋を見回りしているから。

春になり、暖かくなったせいか、鶏小屋に野生動物が
進入しようとしているのです。
鶏のオスは、放牧していても小屋にいても、侵入者がくると、
普段とは違う鳴き声で、鳴いてメスや私たちに知らせてくれます。

昼間は、放牧地の周辺にカラスが止まっていたり、
猫がうろついたり、そしてキツネがやってきたり、
夜はイタチやネズミがやってきたり、その度に鳴きます。

昨夜は夜中の11時半頃、その前は、0時頃だったり、2時頃だったり、
昼夜問わず、オスの警告の鳴き声を聞くと私たちはすぐに
鶏小屋に見回りに行くのです。

WHF画像 009
(写真の茶色がメス、白いのがオスです。
左のオスは、常に周りを確認し、メスがご飯を食べるのを見届けてから
自分が食べる、という優秀な性格のオスのようです。)

鶏を放牧して飼うということは、柵で囲っていても、
野生動物の進入の危険などが伴います。
それでも放牧しているのは、日中鶏たちが鶏舎の外を歩き回ったり出来、
鶏たちがストレス少なく暮らせるようにしたいから。

メスがのんびり暮らすために、オスたちは、危険を察知したら
警戒の鳴き声でメスを守ろうとしているのです。

オスって凄いなぁ~と、
そして、オスに守られているメスたちよ、野生動物に襲われないように、
どうか元気で卵を産んでください、と思います。

WHF画像 034

by mari

| にわとり | 22:04 | コメント:0
| ホーム |










プロフィール

windy

  • Author:windy
  • ウインディーヒルズ・ファームは北海道伊達市にあるルドルフ・シュタイナーの提唱するバイオダイナミック農法を実践しています。野菜作りと動物の世話をしています。

最近の記事
カテゴリー
本紹介

土壌の神秘―ガイアを癒す人びと
土壌の神秘
ガイアを癒す人びと

序論より引用
『不健康な土壌からとれた食物を食べている限り、魂は自らを肉体という牢獄から解放するためのスタミナを欠いたままだろう。』(ルドルフ・シュタイナー

バイオダイナミックの原点
農業講座―農業を豊かにするための精神科学的な基礎
農業講座

月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。