ウインディーヒルズ・ファーム:バイオダイナミック農法の実践

ウインディーヒルズ・ファーム日記

北海道伊達市にある、ルドルフ・シュタイナーの提唱したバイオダイナミック農法を実践する農場、ウィンディーヒルズ・ファームの日々の暮らしをつづっています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
今日のおやつ
雨の多い日が続いていますが、今日は晴れました。
雨のせいか、だいぶ雑草が伸びてきたので、草刈りをしました。
刈払機の音を聞いてやってきた馬たちは、
草刈りが終わるまで、ずうっと待っていました。
刈りたての草は、とりわけ、おいしいのでしょう。
草をあげると、満足そうな風子と風葉。

後ろに写っているのは、プラムの樹。
いまが満開です。
WHF画像 014

mari
スポンサーサイト
| うま | 20:47 | コメント:0
ぼた餅
ひよこがきて、もうすぐ1ヶ月になります。
今年の春は、暖かい日と寒い日の気温差が激しく、
まず人間の体調管理が難しいですが、
ひよこの体調管理はもっと難しいです。

日中は、ひよこの鳴き声や羽根やくちばしなどの
様子を観察したりして、寒そうなのか、快適なのか、
それとも暑いのか、判断しますが、
夜眠るときの判断方法は、コレ。
「ぼた餅を潰したように地面に体をつけているかどうか」
自然養鶏の本で、読んだときは、「ぼた餅って?」と
思ったけれど、実際に見てみると、よくわかります。
botamochi1.jpg

人が入っていくと、「なんだなんだ?」って
寄ってくるので、なかなか上手く撮れませんが、
なんとかそうっと近づくと、こんな感じ。
写真には写っていないけど、
もっと顔までぺたっと床につけて眠ってる子もいます。
botamochi2.jpg

夜、見回りに行って、この「ぼた餅」を見ると、
快適なんだ、良かった!とホッとします。
因みに、このぼた餅ひよこ達の上には、
こたつや、保温電球、毛布等で保温してあり、
その温度が、暑すぎてもこのぼた餅にはならず、
寒すぎても、ピイピイ鳴いたり、立ったまま固まって
ぼた餅にはなってくれません。

でも今はぼた餅。やったぁ~!
おやすみなさい。

mari
| にわとり | 21:43 | コメント:0
強風の朝
昨夜から天候が荒れ模様です。
あまりの強風にビニールハウスが飛ぶんじゃないかと
心配で外に出てみると、そこに・・・
WHF画像 005
大きな虹がかかっていました。

くっきりとした虹だったのに、少し経つともうその姿はなく、
また空は暗い雲で覆われ、雨が降りだしてきました。

ビニールハウスは飛んでなかったけれど、バケツなどが飛んで散乱し、
豆の支柱の一部が倒れていました。
昨日植えた野菜の種や苗にとっては恵の雨ですが、この強風は凄まじいです。

mari
| その他 | 07:13 | コメント:3
畑は大忙し
昨日はトマトの定植をしました。
私たちは、トマトは寝かせ植えをしています。
寝かせて植えることで、そのぶん根っこが張って、
丈夫な木になるということで、それでもトマトは翌日には
顔を上に向けてすっくと立ち上がってきました。

WHF画像 001

それからそれから
WHF画像 013
とうもろこしの苗を定植したり、南瓜を定植したり、
枝豆用の豆や、大豆用の豆、黒豆、小豆を蒔いたり。
晴れた日の畑は大忙しです。

今はお手伝いの2人がきてくれているので、大助かり。
バイオダイナミックの調剤散布もできました。
WHF画像 023

ビニールハウスの中では、葉物野菜が、
そして外ではアスパラが収穫時期を迎えています。
数量、期間限定ですが、販売も始めました→春野菜セット

いよいよ楽しみな、忙しい日々です。

mari
| はたけ | 11:05 | コメント:1
苗の定植 など
昨日までは、雨が降ったり止んだり、5月とは思えない寒さでした。
今日はしばらくぶりに晴れて暖かくなったので、雨でできなかった
仕事がいっぱいたまっていました。
なので、さっそくまずは、
ちょっと早いけれど、ズッキーニと豆の定植をしました。
夏野菜の定植は、なんだかちょっと嬉しくなります。
WHF画像 004

これは黄色いズッキーニ。他に緑色のズッキーニも植えました。
WHF画像 008

こちらは今年初めてつくる、白花豆です。
苗がだいぶ大きくなり、ポットでは狭そうになってきたので
こちらも畑へ。(一輪車の日かげで涼む子猫を発見
WHF画像 012

そして、この春初めて、草がいっぱいの放牧地へ
ぜんぶのニワトリを放牧しました。
雪が溶けはじめてから、土の地面のところには放牧していたけれど、
草地への放牧は、ほんとうに久しぶり。
あまりの喜びようで、駆け回ってうまく写真に撮れません。
WHF画像 030
きつねなど野生動物侵入への対策やら、いろいろあって
なかなか草地への放牧が難しいのだけれど、
ニワトリたちが思い思いに歩いたり、走ったり、土を掘ったり
そんな様子をみると、ニワトリたち幸せそうだなぁ~と
こちらもなんだか、しあわせな気分になってきます。
にわとりたちの、平和を守っていかなくっちゃ、と思います。

mari
| はたけ | 19:11 | コメント:1
| ホーム |










プロフィール

windy

  • Author:windy
  • ウインディーヒルズ・ファームは北海道伊達市にあるルドルフ・シュタイナーの提唱するバイオダイナミック農法を実践しています。野菜作りと動物の世話をしています。

最近の記事
カテゴリー
本紹介

土壌の神秘―ガイアを癒す人びと
土壌の神秘
ガイアを癒す人びと

序論より引用
『不健康な土壌からとれた食物を食べている限り、魂は自らを肉体という牢獄から解放するためのスタミナを欠いたままだろう。』(ルドルフ・シュタイナー

バイオダイナミックの原点
農業講座―農業を豊かにするための精神科学的な基礎
農業講座

月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。