ウインディーヒルズ・ファーム:バイオダイナミック農法の実践

ウインディーヒルズ・ファーム日記

北海道伊達市にある、ルドルフ・シュタイナーの提唱したバイオダイナミック農法を実践する農場、ウィンディーヒルズ・ファームの日々の暮らしをつづっています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
働き蜂
今朝、南瓜畑を見ると、黄色い花が咲いていて、
よく見ると、、、
WHF画像 001

蜂たちが受粉をしながら花から花へと飛んでいました。
WHF画像 008

ひとつの花の中にいる時間は、ほんの数秒なのですが
数匹の蜂が、次から次へと花の中に入っては出て
入っては出て、をくり返していました。
WHF画像 009

どんなに良い種でも、良い苗を育てても、
この受粉がうまくいかなければ、実はなりません。
あらためて、蜂たちに感謝です。

mari
スポンサーサイト
| はたけ | 21:35 | コメント:0
ニワトリの健康 暑さ対策について
ファームのニワトリたちは、ビニールハウスの鶏舎で飼っています。
平飼いとは、1羽ずつケージに入れずに地面に放して飼うことですが、
そのほかに、ファームでは放牧をしています。
鶏舎から扉を開けると、土の放牧地と、その先の草地の放牧地があり、
朝、餌やりのあとに、放牧地への扉を開け放ち、夕方、鶏舎にしまいます。
WHF画像 038


朝、扉を開けるときには、ニワトリたちは外へ出たくて
扉の前に集まってうずうずしています。
放牧してあげると、ニワトリの羽根の艶も良く、気持ち良さそうです。
WHF画像 006

雪が融け始めてから、できるかぎり、この放牧をしてあげたい、と
思うのですが、ニワトリを放すというのは、なかなか難しいことでもあります。
キツネやイタチといった野生動物が入らないような工夫はもちろんですが、
カラスやスズメ、その他、野鳥が入らないようにしなければなりません。

広い放牧地の全てに、野鳥を防ぐネットを張るのは大変なことですし、
ネットの網目の大きさは2cm以内と決められているのですが、
その網目だと通気性が悪く、風が通らないので、ただでさえ暑い夏は、
蒸し蒸しして、暑さに弱いニワトリの健康に悪いと思うのです。

ですが、できるだけ、お役所の方針の網目のネットを張ったり、
そしてなおかつ、ニワトリが暑すぎないように・・・と、
少しずつ、鶏舎と放牧地の改造作業をしています。

今日は、ビニールハウスの一部のビニールをはずし、
細かい網目のネットを張りました。

鶏舎改造
通気性はかなり良くなりました。


鶏舎改造2
しかし、雨が降ると、どうなるのか、そして、
雪が降る前には、こんどは寒さよけにビニールを張り直したり、
季節やニワトリの状態に合わせた対応が必要です。
ビニールハウスも年月が経ち、老朽化していますし。

人間にもニワトリにも暑い暑い夏、
いろいろと考えさせられる日々です。

mari
| にわとり | 19:11 | コメント:0
養鶏場見学
全国自然養鶏会の中の、北海道自然養鶏会の、養鶏場見学に行きました。
安平町の2件と、長沼町の1件の養鶏場を見学させていただきました。
養鶏場見学1
こちらは1件目。ひよこの育成舎。

養鶏場見学2
うちと同じ種類の鶏ですが、止まり木が高くて、風通しが良さそうです。

養鶏場見学3
有機農家をされているので、畑も見せていただきました。見事な南瓜畑です。

養鶏場見学4
こちらは2件目。ネラという種類のニワトリさんです。

養鶏場見学5
3件目は、いろんなニワトリの他、孔雀なども飼ってらして、鳥の博物館のようでした。

3件とも、ひよこの育成の方法などはそれぞれ独自の考えで、
また、餌の中身、作り方などもいろいろな工夫をされていました。
何をもって、「自然養鶏」というのか、私たちが目指す養鶏はどんななのか、
いろいろと考えさせられる見学会でした。

mari
| にわとり | 18:34 | コメント:0
草刈り 草取り 間引き そして
最近は北海道にも梅雨がやってきたか、のような長雨のあと、
昨日は蒸し暑い一日で、そして
今日は、肌寒いくらいの涼しい一日でした。

涼しいと、草取りや草刈りが捗ります。
WHF画像 014
草刈りチームまーくん。

畑は今、草がいっぱいです。
写真はかろうじて草が少ないところ。
corn.jpg
とうもろこしに
tamanegi.jpg
たまねぎ。

そして今日はにんじんの草取りをし、
ninjin.jpg

込み合って生えていたにんじんの間引きをしました。
ninjin2.jpg
(間引いたにんじんは、大きめのは人間が食べ、残りは馬たちが食べます。)

ninjinnya-.jpg
猫も畑で眠りこんでしまうくらいに気持ちの良い気候でした。

by mari

| はたけ | 20:48 | コメント:0
お野菜たち
おまかせ野菜セットの1例です。
omakase野菜
夏野菜(ナス、トマト、ピーマン)ができてから、と思ってましたが、
きゅうり、ズッキーニなどがたくさんたくさん収穫できてきているので、
夏野菜セットではなく、おまかせ野菜セットとして販売することにしました。
葉物などもまだ採れているし、ナスやミニトマトも少しずつ採れてますが、
ピーマン、ししとう、大玉トマトなどはまだかな、、というところ。
そのとき収穫できる、おいしそうな野菜を厳選してお届けします。

今年は黄色いズッキーニと緑のズッキーニを作っています。
それと、カラフルな茎のはスイスチャードというほうれん草の仲間です。
今年は夏に収穫できるカブを作りました。
これから、とうもろこし、枝豆、ゴーヤ、などもできてくるので、
お楽しみに・・・

おまかせ野菜セット

by masami  mari
| はたけ | 20:00 | コメント:1
日光浴?
今日は日中はだいぶ暑くなりました。
ふと、ニワトリの放牧地を見ると、
ニワトリたちが足を投げ出して、横たわっている。

えッ死んでる

と思ったけど、よく見たら、ときどき少し動く。
砂浴びすることはよくあるけれど、これは日光浴かな?
WHF画像 009

こちらはみんな羽根を広げています。
昨日雨で濡れた羽根を乾かしているのかな?
WHF画像 012

草地に放牧しているからこそ、こんな光景が見られるのです。
なんだかの~んびりしていて、いいなぁ~。

mari
| にわとり | 21:09 | コメント:0
| ホーム |










プロフィール

windy

  • Author:windy
  • ウインディーヒルズ・ファームは北海道伊達市にあるルドルフ・シュタイナーの提唱するバイオダイナミック農法を実践しています。野菜作りと動物の世話をしています。

最近の記事
カテゴリー
本紹介

土壌の神秘―ガイアを癒す人びと
土壌の神秘
ガイアを癒す人びと

序論より引用
『不健康な土壌からとれた食物を食べている限り、魂は自らを肉体という牢獄から解放するためのスタミナを欠いたままだろう。』(ルドルフ・シュタイナー

バイオダイナミックの原点
農業講座―農業を豊かにするための精神科学的な基礎
農業講座

月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。