ウインディーヒルズ・ファーム:バイオダイナミック農法の実践

ウインディーヒルズ・ファーム日記

北海道伊達市にある、ルドルフ・シュタイナーの提唱したバイオダイナミック農法を実践する農場、ウィンディーヒルズ・ファームの日々の暮らしをつづっています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
ひっつき虫の季節
また今年もやってきました。
馬の体にひっつき虫(草の種)がつく季節です。

根本的には、放牧地のひっつき虫の草をなくさないと
取っても取っても、馬たちの鬣を中心に体じゅうにひっつきます。
夏にたくさんついていた、ダニよりはマシですが、
あんまりひっつくと蒸れるし、かわいそう。
畑が忙しくて、ひっつき虫をとってあげたり、
放牧地の草刈りに手が回らないのです。

それでも見かけると、取ってあげてはいるのですが。
WHF画像 051

ごめんね。
もうちょっと待ってて。
WHF画像 048 - コピー

mari
スポンサーサイト
| うま | 19:31 | コメント:0
やっと晴れた!!!
雨、雨、雨が続いて、収穫が遅れていますが、
今日、やーっと晴れた!ので
収穫、収穫、収穫でした。
WHF画像 001

収穫の機械などは無いので、全て、手作業。
WHF画像 006

お手伝いに来てくださったAさん含め、合計3人で
午前中だけで、100キロくらいの人参を収穫し、
形の良いものはムロに保存し、形の悪いものと
葉っぱは、馬にあげました。
WHF画像 005

そのあと、午後には、じゃが芋1種類と、
かぼちゃ2種類を収穫し、
そのほか、冬用の葉物の種まきもしました。
(午後は写真を撮り忘れました。)

雨の日と比べると仕事量が多すぎて、ちょっと疲れますが、
収穫できた喜びと一緒になって、心地よい疲労感です。

でもまだ、今日のじゃが芋より量の多い、
別の2種類のじゃが芋と、
まだまだたくさんの人参、そのほかにも
収穫したい野菜がいっぱい畑にあります。
それなのに、明日の午後からまた連日、雨の予報!
空とにらめっこの日々が続きそうです・・・。

mari masami
| はたけ | 20:30 | コメント:2
大雨のあと
台風の影響で、激しい風雨でした。
一時は、道路も通行止め、電車も止まったようで、
どうなることやら、と思っていましたが、
台風(温帯低気圧に変わったようです)が去って
畑を見回りに行きました。
ビニールが飛んだりすることなく、無事だったハウス。
WHF画像 008

でも、つる性の野菜の支柱は倒れているものもあり
こちらは、倒れずに踏みとどまった支柱↓
WHF画像 011

こちらは見事に倒れて↓
WHF画像 025

これもたいへんなことに↓
白花豆の支柱です。
早いとこ起こしてあげないと、です。
WHF画像 015

それでも、被害はこれくらいで済んだようで
(離れた所の畑はこれから見にいくのですが)
いまのところホッとしています。

by mari

| はたけ | 08:10 | コメント:0
| ホーム |










プロフィール

windy

  • Author:windy
  • ウインディーヒルズ・ファームは北海道伊達市にあるルドルフ・シュタイナーの提唱するバイオダイナミック農法を実践しています。野菜作りと動物の世話をしています。

最近の記事
カテゴリー
本紹介

土壌の神秘―ガイアを癒す人びと
土壌の神秘
ガイアを癒す人びと

序論より引用
『不健康な土壌からとれた食物を食べている限り、魂は自らを肉体という牢獄から解放するためのスタミナを欠いたままだろう。』(ルドルフ・シュタイナー

バイオダイナミックの原点
農業講座―農業を豊かにするための精神科学的な基礎
農業講座

月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。