ウインディーヒルズ・ファーム:バイオダイナミック農法の実践

ウインディーヒルズ・ファーム日記

北海道伊達市にある、ルドルフ・シュタイナーの提唱したバイオダイナミック農法を実践する農場、ウィンディーヒルズ・ファームの日々の暮らしをつづっています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
雹が降ってきた
今日の夕方、凄い音を立てて雨風が激しくなり、
ピカーッときて、雷がごろごろ鳴り、
そしてなんだか大きな音がするなあ、と思っていたら、
ヒョウが降っていました。

その後、雨に変わってしばらくしたら、急に止んで、
遠くに夕焼けもでていました。
WHF画像 003

あんまりひどいお天気だったので、
放牧していたニワトリたちも
鶏舎に非難しているだろう、と思ったら、
薄暗い中で夢中で何かをつついています。

そう、みんなヒョウに夢中。
おいしそうに、つついて食べています。
WHF画像 013


WHF画像 011
住居の方は、雷の影響か、停電になったり、
大変になっていたのですが、
うちのニワトリはたくましいなァ!と感じました。

mari
スポンサーサイト
| その他 | 19:09 | コメント:0
収穫のお手伝い隊
昨日、ひびきの村のナーサリースクールの子供たちが、
にんじんの収穫を手伝ってくれました。
土が軟らかく、抜きやすくて、大きいにんじんが採れるので
最初は興味なさそうな子も、だんだんと楽しくなってきて、
たくさん採ってくれました。

WHF画像 026

収穫したにんじんは、葉っぱを取って保存するので、
取った葉っぱや、かたちの悪いにんじんは、
馬たちのおやつです。
WHF画像 040

放牧地に美味しい草がなくなってきているので、
このご馳走に馬たちも大喜び。
WHF画像 085
子供たちは、しばらく馬たちの食べっぷりを眺めて
帰って行きました。

ナーサリースクールのみんな、どうもありがとう!

masami mari & 風子 友 風葉(3頭の馬の名前デス)
| はたけ | 17:13 | コメント:0
| ホーム |










プロフィール

windy

  • Author:windy
  • ウインディーヒルズ・ファームは北海道伊達市にあるルドルフ・シュタイナーの提唱するバイオダイナミック農法を実践しています。野菜作りと動物の世話をしています。

最近の記事
カテゴリー
本紹介

土壌の神秘―ガイアを癒す人びと
土壌の神秘
ガイアを癒す人びと

序論より引用
『不健康な土壌からとれた食物を食べている限り、魂は自らを肉体という牢獄から解放するためのスタミナを欠いたままだろう。』(ルドルフ・シュタイナー

バイオダイナミックの原点
農業講座―農業を豊かにするための精神科学的な基礎
農業講座

月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。