ウインディーヒルズ・ファーム:バイオダイナミック農法の実践

ウインディーヒルズ・ファーム日記

北海道伊達市にある、ルドルフ・シュタイナーの提唱したバイオダイナミック農法を実践する農場、ウィンディーヒルズ・ファームの日々の暮らしをつづっています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
初夏です。
初夏を迎えたファームでは、定植したトマト、ズッキーニ、じゃがいも、豆などが元気よく育ってくれています。
今年は、ほぼ無施肥で栽培しているためか、作物の生育はゆっくりですが、着実に根を張り、大地のエネルギーを蓄え、太陽を浴びてすくすく育っている様子が見られ、喜びと驚きの毎日です。
(写真はじゃがいも畑です)DSC01907.jpg
作物の生長とともに、草や虫の活動も活発になってきました。草取りに追われる日々ですが、反面、草も意味があって生えているのでしょうし、うまく共生できる畑になればいいなーというのは理想なのでしょうか。虫も同じで、作物に害を与える虫がいたとしても、その虫を食べてくれる虫もいますし、自然界はそうやってバランスをとっているんだろうなーと思います。そのバランスをできるだけ崩すことなく、その仕組みをうまく利用させてもらっておいしい野菜がつくれるなら最高なのですが・・。現在、試行錯誤の日々です。
(写真は、白花豆についたあぶらむし。このあぶらむしを狙って、ありが来るのです。)
DSC01915.jpg
スポンサーサイト
| はたけ | 21:33 | コメント:2
| ホーム |










プロフィール

windy

  • Author:windy
  • ウインディーヒルズ・ファームは北海道伊達市にあるルドルフ・シュタイナーの提唱するバイオダイナミック農法を実践しています。野菜作りと動物の世話をしています。

最近の記事
カテゴリー
本紹介

土壌の神秘―ガイアを癒す人びと
土壌の神秘
ガイアを癒す人びと

序論より引用
『不健康な土壌からとれた食物を食べている限り、魂は自らを肉体という牢獄から解放するためのスタミナを欠いたままだろう。』(ルドルフ・シュタイナー

バイオダイナミックの原点
農業講座―農業を豊かにするための精神科学的な基礎
農業講座

月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。