ウインディーヒルズ・ファーム:バイオダイナミック農法の実践

ウインディーヒルズ・ファーム日記

北海道伊達市にある、ルドルフ・シュタイナーの提唱したバイオダイナミック農法を実践する農場、ウィンディーヒルズ・ファームの日々の暮らしをつづっています
2年目の夏。 | main | 種まき 第3弾
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
おひさしぶりです・・
1ヶ月以上ぶりの更新となってしまいました。

4月に入り、天気の悪い日が続き、おまけに寒いので野菜の苗の生育はゆっくりです。
種まきを終えたのは、たまねぎ、トマト、なす、ピーマン、すいか、ズッキーニ、かぼちゃ、キャベツ、レタスです。比較的、寒さに強いキャベツやレタスは割りといいような気がします。

4月下旬には、じゃがいもの定植をしました。
なかなか晴れた日がないので、晴れた日にはできる作業を詰め込みます。
なんとか、1日でじゃがいもの定植を終えました。
今年は、無農薬栽培に適していると言われる「さやあかね」という品種を導入しました。
他の品種よりたねいもが小さくて、たくさん植えることができました。
たくさんできてくれるといいのですが・・。

DSC02697.jpg
↑トマトの苗

4月中旬には、新しいひよこがやってきました。
みんな元気で、えさを与えようとすると、我先にと飛び掛ってきます。
このまま順調に大きくなってほしいです。

DSC02690.jpg
↑ひよこたち
スポンサーサイト
| その他 | 13:08 | コメント:0




コメント
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |










プロフィール

windy

  • Author:windy
  • ウインディーヒルズ・ファームは北海道伊達市にあるルドルフ・シュタイナーの提唱するバイオダイナミック農法を実践しています。野菜作りと動物の世話をしています。

最近の記事
カテゴリー
本紹介

土壌の神秘―ガイアを癒す人びと
土壌の神秘
ガイアを癒す人びと

序論より引用
『不健康な土壌からとれた食物を食べている限り、魂は自らを肉体という牢獄から解放するためのスタミナを欠いたままだろう。』(ルドルフ・シュタイナー

バイオダイナミックの原点
農業講座―農業を豊かにするための精神科学的な基礎
農業講座

月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。